愛犬のしつけ

室内犬のトイレなどのしつけや問題行動(かみつき、うなる、飛びつき、ほえる、マウンティングなど)を改善しましょう。なぜ、あなたの愛犬が問題行動を起こすのでしょうか?コマンドを理解させ、ストレスを軽減することで愛犬の問題行動は改善しますよ。

BLOGTOP » ARCHIVE … 2010年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠吠えを直しましょう。

飼い主がいなくなると途端にさびしくなり、
ほえてしまう・・・



留守番ができない臆病でさみしがりやな犬を
しつけで直しましょう。




まずは、犬の安心できるスペースを作ってあげます。



持ち運べるようなクレート(犬小屋)を与えます。



小さいうちから早めに慣らすことが重要です。



「ハウス」と言ってクレートに入るよう
コマンドを出します。



すぐに入らないようなら、エサをちらつかせながら
クレートに誘導します。



クレートの扉を閉め、
人は部屋から立ち去ります。



ほえるようなら、ここで一工夫をします・・・



一緒にかんだりじゃれたりできるおもちゃやガムなどを与えます。
転がすとエサが少しずつでるような
ものでも良いかもしれません。

<ご参考>

IQTOY S

自分で考えておやつを出して遊びます!
品名は、IQTOY (SとMサイズがあります) 




最初は、短時間のお留守番から始め、
次第に時間を延ばします。



これも繰り返しの訓練で慣れてきます。



このように犬に趣味をあたえてやることで、
人がいなくても安心できる場所で待つことができるようになります。




もっとしつけ方を知りたい方は・・・

DVDの動画で実際のしつけ方が目で見て理解できます。
【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD


スポンサーサイト

飼い主以外の家族の指示を聞かないとき

飼い主以外の家族の指示に
従わせるには、どうすればいいでしょうか?



犬のランク付けに関係している。
というのは昔の話で、



犬は、人間を同種族としてみていないので、
人間をランク付けしたりしていない。


と現在は、考えられています。



では、どうして犬は、主人以外のいうことを
聞こうとしないのでしょうか?



それは、

飼い主以外との接し方や
遊ぶ喜びを認識していない


からと考えられます。



では、それを愛犬に認識させる方法ですが、



例えば、犬とボールの蹴りあいをして
遊んでみましょう。




ボールに犬が触れようとする前に、
ダウンと声をかけ一旦、OFFの状態にします。



このときボールには、触らせてはいけません。



指示を聞いて犬がダウンしたときに
初めてボールを蹴ってやり取りに行かせます。


これを繰り返すだけです。



要するに、

犬が指示を聞いたら
楽しいことができることを犬に認識させればいい


のです。



もっとしつけ方を知りたい方は・・・

DVDの動画で実際のしつけ方が目で見て理解できます。
【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD



他の犬に吠えたり追い掛け回すクセを直しましょう。

公園などで犬を離したとき
他の犬を追い掛け回したし、吠えたりしていませんか?



他の犬とコミュニケーションを
とろうとしないのは問題行動
です。



愛犬が遠く離れていても、
飼い主のコマンドが聞けるように訓練をします。



他の犬を追い掛け回すより、
指示を聞いたほうが楽しいことをわからせる




指示を聞く距離を少しずつ伸ばしていくことです。




もっとしつけ方を知りたい方は・・・

DVDの動画で実際のしつけ方が目で見て理解できます。
【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD



かみつき癖を直しましょう!

犬の口は人間の手と同じで、
何をどんな強さでかんだら良いのか、わかっていないので
早く覚えさせましょう。



人の手をかんだら、大きな声で犬に対して「痛い」と言ってください。
そして、犬を残して、その場から立ち去りましょう。




これを繰り返し行います。



要するに、人の手をかんだら、
遊んでもらえないことを理解させるのです。




また、一度咬んだらなかなか離さない
癖を直すにはどうしたらいいでしょうか?



特に犬は、自分のものを守ろうとする
ガーディング(本能)が強くなり、攻撃性が出てしまいます。



直し方としては、



まず、その犬が好きなもの・・・
たとえば、犬用のガムなど同じものを2つ用います。



2つのガムを交互にかませます。
かむのを止めた瞬間に別のガムをかませるのです。



「ちょうだい」といいながら、2つのガムを
交互にかませます。



こうすることで、一度、かんで犬の所有物になった物や
犬の好きなものでも人に渡せるようになります。



ガーディングが発達しすぎない内に
早めに慣らしていくことが必要です。




もっとしつけ方を知りたい方は・・・

DVDの動画で実際のしつけ方が目で見て理解できます。
【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD


ところかまわずオシッコをするクセを直すには・・・

室内犬の場合、ところ構わずオシッコをされると
困りますよね。



ニオイはするし、汚れるし・・・



まずは、トイレの場所をしっかりと教えましょう。



エサなどを使ってオシッコをさせたい場所まで誘導してから、
オシッコをさせます。



犬がソワソワし出したらオシッコのタイミングです。
オシッコのタイミングを逃さないようにしてください。


スグにエサを使って誘導し、
掛け声を連続してかけてオシッコをさせましょう。



掛け声は、「オシッコ」とか「シー、シ」など
同じ言葉で統一しておきます。



オシッコがうまく成功したらしっかりほめましょう。



繰り返し行うことで、自分からその場所で
オシッコができるようになりますよ。




もっとしつけ方を知りたい方は・・・

DVDの動画で実際のしつけ方が目で見て理解できます。
【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD



子犬の育て方

子犬を飼い始めたらまず、犬同士でコミュニケーションがとれるようにしましょう。


例えば、犬が集まる近所の公園などで、戯れます。


1.同じくらいの目の高さの犬同士で慣れさせます。

  犬同士で、口周りやお尻のニオイを嗅ぐなどして落ち着いてくればOK。


2.飼い主以外の人に触れてハンドリングしてもらう。


  誰でも、抱くことができるようになります。
  
  (ハンドリング:触れたり抱いたりすることで犬に安心感を与える)


3.お座りの練習をする


  犬を落ち着かせ指示を待たせる姿勢をとらせます。

  お座りがまだできないようなら、エサを鼻先に近づけて上に持っていきます。
  顔を上げさせ背骨がそれる限界点に達すると自然とお座りしますよ。



このようにして、人のことを怖がらない犬にしましょう。


もっとしつけ方を知りたい方は・・・

DVDの動画で実際のしつけ方が目で見て理解できます。
【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD


散歩のしつけ

散歩中にリードを引張る犬は
多いですよね。



人間より前に出て犬がひっぱりながら
散歩をしている風景をよく見かけます。



リードを引っ張ったときには、
完全にストップすること。




動いてはいけません。



犬が戻ってきて
リードが緩んだら進みましょう。




簡単ですが、効果があります。



犬は、リードを引っ張ると自由に
進めないことを認識します。



繰り返し行い、リードを引っ張らなくなるまで
訓練をおこないます。




もっとしつけ方を知りたい方は・・・

DVDの動画で実際のしつけ方が目で見て理解できます。
【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD




人にジャンプしてとびかかる癖を直すには・・・


散歩をしても、飼い主に飛びつき
出会った人に飛びつく迷惑行為。





直したいですよね。




原因は、犬の感情が高ぶってしまっており、
うれしくて、楽しくて仕方がないような
状態にあるからなのです。




犬は飛びつくことで、
その人を支配しようとしているのです。




人間との上下関係を
しっかりと認識させましょう。





方法は、簡単です。
首輪のショックを利用します。




飛びつこうとしたら、リードを瞬間的に引き、
犬にショックを与えます。




飛びつきを止めたら、
すぐ首筋や体を撫でてほめましょう。




このとき毛並とは
逆の方向に撫でましょう。





逆撫ですることで、犬に愛情が伝わり、
人間に従うという心理が働いてきます。




また、犬が勝手な方向に
行きかけても、同じようにしてみましょう。




犬が自分のほうに戻ってきたら
すかさずほめてあげましょう。





これを繰り返すことで、
飛びつきはなくなります。





もっとしつけ方を知りたい方は・・・

DVDの動画で実際のしつけ方が目で見て理解できます。
【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD

散歩のときにリードを引っ張り、言うことを聞かない・・・

愛犬を散歩に連れて出かけても、
走り出し、言うことを聞かない。




このとき犬は、
自分以外の他のものに関心が
行ってしまっています。




この場合は、以下のようにして
しつけを行いましょう。



まず、エサが入るボールのような
アイテムを用意します。

(エサのにおいつきのボールでも可)

ご参考

Petstages(ペットステージ) ミニ・オルカ・ボール・ウィズ・ロープ 【トイ・おもちゃ】/犬


このエサ入りのボールを
胸ポケットから犬の前に突然落としてやります。




犬がそのボールを取りに向かったら
すぐ取り上げて隠します。



突然、落としてやるのがポイントです。



何度も繰り返します。



こうして関心をこちらに向けます。



犬は、ボールがいつ落ちてくるか
注意してポケットを見つめるため
飼い主に注意を払うようになります。



何回か繰り返すうちに、リードを
引っ張らなくなります。




散歩をしてみると、愛犬は横について
歩くようになります。



もっとしつけ方を知りたい方は・・・

DVDの動画で実際のしつけ方が目で見て理解できます。
【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD

物を咬む癖を直しましょう!

愛犬が物を咬んで離さない。
自分のものにしたがるなど・・・




咬み癖がある犬には、
以下の方法で直しましょう。



物を咬んだと同時に、不快な音を
犬に向けて発する
ことで、



やってはいけないことだと
犬に認識させます。




たとえば、物をかんだ瞬間に
短く大声で「あ゛-」などと




奇声を犬に向けて発すると
犬は驚いてかむのをやめます。



でも、しばらくすると
またかみ始めるので、




わざと物を犬の目の前にちらつかせ、
咬まなくなるまで、その場で繰り返し
行います。




犬の目の前に物をちらつかせても
咬まなくなったら、犬をほめてあげます。




犬の背後からお腹などを
ゆっくり摩って撫でまわしてほめます。





もし、かみ癖が再発しても
これを再度繰り返して完全に
咬まなくなるまで行ってください。



もっとしつけ方を知りたい方は・・・

DVDの動画で実際のしつけ方が目で見て理解できます。
【犬しつけ】日本一のカリスマ訓練士藤井聡の犬のしつけDVD


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。